円高とは

では、円高とはどういうことでしょうか?例えば円高ドル安ということは、為替相場がシーソーのようになっていて、円が高くなれば、ドルが安くなっているという仕組みです。ユーロに対しては円安ということもあるので、総合的にみることも大切になります。

外国為替相場では、二つの国の周りで何が起きているのか(自然災害、テロ、大統領選など)で、相場が動くため、わけを特定するのが大変なのですが、金利の影響は大きいと言えます。例えば円の金利が上がると、日本円を欲しいと思うでしょう。

●円高のメリットは?

身近なところでは、海外旅行での買い物が多くできるということ。

日本にいても、輸入品が安くなるというメリットがあります。

始めようとしている人にはこの時が、為替差益を得るチャンスになるかもしれません。

●円高のデメリット

前にも書いたように、円高のデメリットは輸出をする企業は、輸入国ににとっては製品の価格が上がってしまうため、売り上げがダウンします。

●円安のメリット・デメリット

円安は外貨にとって円の価値が安くなることです。日本で起こった悪いことなどが原因にもなります。金利もその一つです。

円安でのメリットは、輸出をする企業にとり、取引先の外国での製品の価格が安くなるため、売り上げが上がるというメリットがあります。

デメリットとしては、海外旅行の価格が高くなったり、輸入品の値段が高くなったりすることです。

●外国為替市場は、証券取引所などで行われるのではなく、電話やインターネットで行われています。そんな見えない為替市場の動きを知るために必要なのがチャートです。チャートには、高値や安値の流れがわかるローソク足、大きな流れを知るのには、移動平均線が便利ですし、外貨預金のインターネット取引口座を利用していれば、チャートが見られます。他にもウェブサイトや経済ニュースなども有効です。

相場の情報をgetするのに便利なのは、テレビ番組やインターネット動画がわかりやすいかもしれません。

●通貨には、代表的なものでは、米ドル、ユーロ、オーストラリアドルがあります。大抵は米ドルが身近かもしれません。外国為替の取引量では44%ほどドルが占めています。

手軽に多くの情報が手に入りますし、外貨預金ではその国の情報をよく知っておくことも大事なので、選択肢としては有力で便利です。通貨を選ぶときには2つ以上にしましょう。色々な通貨があるので迷うでしょうが、ポイントがあります。金利、為替手数料、情報の入手が簡単かどうか、通貨は2つ以上の組み合わせが安定するようです。

●最近では、外貨をキャッシュにして現地で引き出せたり、外貨のまま使えるキャッシュカード・デビットカードなどができたり、便利になってきています。ちなみに国内にもドルが使えるショップがあります。大型量販店など、海外からの旅行客の需要の取り込みのためにありますが、日本人が外貨現金を使うこともできるのです。

●外貨預金とFX(外国為替証拠金取引)

これまでの外貨預金や外貨MMFはコストが高いです。外貨預金だと金利何%と表示されますが、FXでは金利が高いと言えます。そしてレバレッジという方法が使えます。FXとは、外国為替取引を行うのに必要な資金をFX会社から借りて、その資金で外貨を売買する取引のこと。借りるために一定額の担保を収めるのですが、その担保を証拠金という。現金で預けるのが基本である。

FXでは外貨預金より為替手数料が安いのがメリットである。外貨建て金融商品の中ではもっとも為替手数料が安い。

●FX会社の入金

入金はFX会社が指定する銀行口座に振り込んで、FX会社が入金確認後、顧客に通知がきて、取引開始となります。そして入金は外貨のままでもできるのです。

日本円や他の通貨でも大丈夫です。

●セミナーに出席してみると、色々な情報が手に入り役に立つ話が聞けるので、参加して見てください。

●FXについて

最初に預ける証拠金は最低額が10万、これで取引は1万通貨単位できるのです。例えば米ドルなら1万米ドル。FXの場合10万円の証拠金で、1万米ドルを売買できることになります。少ない資金でも大きな取引ができるというのは、イコール大きな利益が出る可能性もある。リスクは高いが、リターンも高い投資です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です