為替手数料の大きさについて

外貨預金は良い点と悪い点があり、メリットとしては約束の利息以上に増える可能性があることと同時に、デメリットとして元本割れの恐れがあることが注意です。

外貨預金の特徴として、為替相場の動き次第で利益を出せるかまたは損益を出すことになるかが決まってしまうところが円預金との違いでもあります。

そこで、外貨預金の際に掛かる為替手数料は円からドル・ユーロなど、通貨を交換する際に金融機関へ支払う手数料のことをいいます。

比較的金利の高かったリーマンショック以前の時期は、たとえ為替手数料を引いたとしてもある程度の利息を手にすることができましたが、今は世界的に金利が下がっている状況の中で為替手数料の存在は以前よりもはるかに大きいものとなっています。

為替手数料がたったの110銭と聞くと気にする金額ではないと錯覚を起こしがちですが、金額が大きくなりそのうえ預け入れと引き出しの回数が多くなると、決して小さな金額といえる話ではなくなるのです。

ニュースや新聞などである為替相場とは、金融機関同士で取引に使用されているものであり、私たちが外貨預金をする際には、あらかじめ為替手数料を上乗せした為替相場を各金融機関が提示してくることになります。

外貨預金に適用されるレートのことをTTSといい、引き出の際に適用されるレートをTTBといいます。TTSまたはTTBは為替手数料込みの為替相場と考えてよいでしょう。

TTSTTBを差し引かないと為替手数料がわからないこともありましたが、最近ではl通貨単位(ドルなど)当たり何円の為替手数料 が必要なのかの詳細を資料で表示する金融機関が増えてきているので、比較的簡単になってきています。